巻き爪や、爪水虫でお悩みなら、小田原市、南足柄市から多くの患者さんが通う、小田原 巻き爪 爪水虫ケアセンター(おの整骨院内併設)へ、一度ご相談ください。

神奈川県足柄上郡の小田原巻き爪・爪水虫ケアセンターでは、
巻き爪だけでなく、足のトータルケアも可能です。
たとえば、かかとの角質、タコ、魚の目なども、
きれいにすることができます。

Q.かかとの角質はなぜできるの?
かかと、足裏の表面が白く硬くなり、
ガサガサにはなっているのは角質がたまっている証拠です。
角質とは、古くなった皮膚のこと。
皮膚には皮下組織という層があり、
ここで常に新しい細胞が作られています。
古くなった細胞は表皮へと押し上げられ、
およそ28日間で垢となり剥がれおちます。
この代謝していく仕組みを『ターンオーバー』と呼びます。
このターンオーバーの際に剥がれおちる表皮が“角質”と呼ばれるものです。

実は角質には外部の刺激(圧迫や摩擦)に対して体を守る役割があります。
そのため、通常は剥がれおちる角質が、外から刺激が加わり続けると、
体が角質を蓄積し、皮膚を守ろうとします。
これは、本能的に体を守ろうとする防御反応です。
その結果、皮膚が固くなり、ガサガサになるのです。
これが、いわゆる『角質がたまっている』とか『角質がひどい』と言われる状態です。
ちなみに、この角質にさらに刺激が加わると、タコや魚の目になります。

Q.タコ、魚の目はなぜできるの?
・タコは角質(表皮)が固く厚くなったもの
・魚の目はタコにさらに刺激が加わり、皮膚の中に“芯”ができてしまった状態のことです。
タコや魚の目ができるのは、サイズの合わない靴をずっと履いている方に多く、
足の裏、親指の付け根、関節部分の皮膚が固くなってきます。
靴のサイズが合わないと、足の特定部位に圧力や摩擦が加わります。
靴は毎日履きますから、その刺激が同じ場所に毎日加わることで、
表面が徐々に固くなっていきます。そうすると、タコができます。
タコは、いわば表面の厚みですので、痛みもそこまでひどくはありません。

それを放置して刺激が加わり続けると、タコの内側に“芯”ができ、魚の目となります。
魚の目は、そこに刺激が加わるととても痛いです。
それは、この芯が体の内側を刺激しているからです。
場合によっては神経を圧迫することもあり、それが痛みにつながっています。

これらに悩んでいる方がおられましたら、

神奈川県足柄上郡の小田原巻き爪・爪水虫ケアセンターでご相談ください。
歩くと何か踏んでいるように違和感がある
魚の目が刺さるように痛い
素足を出すのが恥ずかしい
白くなった足が嫌
足のにおいが気になる(角質内に雑菌が入りやすい)

が来院されます。


歩きやすくなった
足の痛みがなくなった
かかとが綺麗になった
足が綺麗になった

角質・タコ・魚の目のある足からスベスベ美肌へ
状態や範囲によっても変わりますが、1ヶ所の施術時間は約15~30分です。
タコは、表面の固くなった角質部分を削り取り、滑らかにします。
魚の目は、タコ同様表面を滑らかにした後、芯の部分を削っていきます。
施術後の肌はツルツルでスベスベ。
よく『たまご肌』や『赤ちゃん肌』という
呼び方がされます。
※状態によっては、1回で終わらない場合があります。
注意事項とお断り
●出血している場合は外科処置か止血するまで施術はできません。
お電話での予約もしくは、
インターネットで24時間予約できます。
必要事項をご記入お願いいたします。
問診票にご記入いただえきましたら、
現状について詳しくお伺いします。
たとえば、
①痛みの場所
②いつから症状が出始めたのか?
③生活習慣、普段の運動について
などをお聞きします。
角質の状態を見ます。
魚の目であれば痛みの位置、度合いを見ていきます。
施術前後で施術効果を知って頂きたいので、
お写真を撮らせていただきます。
初回の施術時間は15~30分からとなります。
痛みはありませんが、
不安に感じられることは遠慮なくお申し出ください。
施術後の状態確認やご自宅での管理方法について説明します。
他のサロンや院とは違い、明朗会計です。
知らない間に追加料金がかかっていたなどは
一切ありません。ご安心ください。
1ヵ所 2ヵ所以降
タコ 2,000円 +1,000円
魚の目 2,500円 +1,500円

先に話し合いをした上で施術部位を決定します。
重度の場合は1回で取り切れない場合がありますので
御了承ください。
※初診時は別途1000円頂戴いたします。

営業時間 9:00~20:00
日・祝祭日
9:00~20:00 × ~12:00
 日曜・祝祭日:~12:00/木曜:定休日
8:00、20:00~22:00は前日までに連絡があれば対応可能となります。